森岡利行監督日誌

<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

お知らせ

ブログのお引越しをしました。

新しいブログはこちら→森岡利行監督日誌(アメブロ)
by straydog2007 | 2009-04-22 00:00

探し物

エイベックスの菅野プロデューサーより
映画で使った×××の×××××を探しているとのこと。
あれは私の自前だったのだが、
スタッフから返して貰った覚えがない。
自宅にもない。
現場ではそんなに大したものではなく扱われていた(私も含め)のだが、
映画が出来上がると、何故か印象に残るモノになった。
提供してくれた人から訊くと、素材を海外のあちこちから集めた手作りだと言う。
やはり魂の籠もったものは、人の気持ちを惹く何かがあるのだろう。
×××は本当に苦労して作ったモノだそうだ。
監督の私が単なる×××××だと思い、
いい加減に扱って(撮影が済んだら存在を忘れていた)しまったのだから、
文句の言いようがない。×××さん、本当に申し訳ない。
他にもスタイリストの安野さんが作ってくれた
特注の××××色の×××も良い味を出している。

単に情報とかマーケティングとか誰かの受け売りとか、
頭だけで考えたモノではなく、
魂の籠もったモノってそうやって残っていくから、
つくづく凄いと思い知らされた。
そう言えば、演技も演出も脚本も、
我々の仕事は全てその人の魂(ヒトトナリ)が現れるからなぁ……。

私も、自戒を込めて、
そういう魂の籠もった作品創りを心掛けたいものだ。

追記……このブログを読んでいるスタッフで心当たりのある人は
      エイベックスの菅野さんに申し出てくれ。
      現場で「なんじゃこの×××、変なの」と笑っていたアレだよアレ。

    
by straydog2007 | 2009-04-20 00:00

ツレうつ現場見学

朝、自宅の近所で撮影があったので見学に行く。
撮影は順調らしく、プロデューサーも上機嫌。
朝早かったが、『女の子ものがたり』の制作部のガッキーをからかいながら、
撮影を見せて貰った。
中学生と小学生の子役が出ていたのだが、
小学生は監督の要求がなかなかのみ込めない。
「もっと明るく!」と言われ本人は変えているつもりなのだが、
なかなか変わらない。
こんな時は本人が思っているよりもガラッと変えてみるものだと忠告したいが、
私が演出しているわけではないので口が出せない。
(私の現場で私以外の人間が演出をつけられている俳優に口出すと、私は烈火の如く怒る。
口に出さなくても心の中で怒っている)
が、やがて子役も理解し、OKカットに。一安心で1シーンが終了した。
何事も経験だ。
今日出来なかった子役も、経験を踏み、成長していくンだろうな。
藤原紀香さんは本日の撮影終了らしい。
笑顔で「お疲れさまでした」と去っていく。

その後、稽古場へ向かい、夜まで稽古。
by straydog2007 | 2009-04-17 00:00

打ち合わせで多忙な一日

昨日は稽古中日打ち込み(親睦会)だったが、
今日は朝から××映画のHプロデューサーと打ち合わせ。
その後、昼食をとり、M社にて打ち合わせ。
移動してJ社でM日放送のプロデューサーと打ち合わせ。
移動して『路地猫』稽古。
最初の粗立ち稽古から、全員成長が見えた。
やはり毎日の積み重ねが大事だ。

今日はハルコ役の岡本玲が他の仕事でいなかったので稽古場が少し淋しかった。
岡本は今の女子高生みたいにキャピキャピしていない。
稽古場ではよけいなことは喋らず、真剣に稽古に立ち向かっている。
その姿には気迫さえ感じる。
今の若い奴ら(年輩でも)は稽古場でも映画の現場でもどこでも
携帯をすぐ開いてメールや着信を見てたりするが、
岡本のそんな姿は見たことがない。
そういえば、映画でご一緒した深津絵里さんや福士誠治くんもそうだった。
そして、現場に台本を持って来ない。
完全に入っているからだ。
武田真治さんも広末涼子さんもそうだった。
岡本も稽古場で台本なんか開いていない。
家では凄く読み込んでいるかもしれないが、
稽古場では活字なんかより、肉体の方が大事だということを、
教えられなくても理解しているからだろうな。
by straydog2007 | 2009-04-16 00:00

スタジオスワンにて

『女の子ものがたり』編集マンの菊井くんと打ち合わせ。
菊井くんは日本映画学校出身で、フラガールの監督と同期だそうだ。
スワンの西口プロデューサーがエイベックスで打ち合わせをしているらしく、
待っている間、しばし『女の子』の編集やロケの話しに花が咲く。
盛り上がったところで、西口プロデューサーが戻ってきたので、
打ち合わせを再開、私が納得のいくところで了承して貰った。
西口プロデューサーは宣伝関係の打ち合わせだったらしく、
映画のチラシ案を見せてもらったら、何か込み上げてくるものがあった。

ああ、この映画は、ここ(スタジオスワン)で、この女性プロデューサーと立ち上げ、完成したのだなぁ……。

全く、ゼロからのスタートだった。

西口プロデューサーはまだ映画二作目にも関わらず、
スタッフの選出もロケ地も美術も音楽もキャスティングも妥協しなかった。
(妥協したのは脚本家と監督の選出だったりして……苦笑)
私は西口プロデューサーに色々、文句や愚痴を言わせてもらったが、
映画は誰に見せても恥ずかしくない、誇れる自分が満足の行くものになった。
本当に、感謝すべきなのだ。

ありがとう! 西口典子プロデューサー。
色々文句言わせてもらったけど、あなたの映画作りの腕力に脱帽です。
それがあのチラシのデザインに集約されていました。

『女の子』のチラシ案と西口プロデューサーの横顔を見比べていると、
目頭が熱くなってきたので、早々と退散し、稽古場へ向かった。
by straydog2007 | 2009-04-13 00:00

板尾さんの芝居観劇と阿南健治と再会

稽古が休み(ダンス稽古はしていたが)の為、
自宅の近くで風吹ジュンさんの撮影だったということもあり、
『ツレうつ』のロケ現場に顔を出す。監督が私をスタッフや俳優に紹介してくれたら、
風吹さんがビックリされていてこっちもビックリしてしまった。脚本が私だと知らなかったようだ。
「映画評判いいらしいねぇ~、初号試写行けなくてごめんね」といつも明るい風吹さんだった。
制作には森岡組だった菅沢くんやガッキーこと稲垣くんもいて驚いたが、
知ってる顔を見ると何故か安心した。
原作のマンガは深い話しにも関わらず、可愛く笑える絵だったが、
ドラマの方は、女性監督(合津直枝さん)の明るい声とは眞逆で、
手持ちカメラのドキュメントタッチで、自然光を用い、重厚な雰囲気が醸し出されていた。
ツレ役の原田泰造さんもうつ状態、藤原紀香さんは髪もぼさぼさで、
もうどうしていいかわからない主婦を演じ、風吹さんの医者は、
あの人にかかれば病気も治るだろうなと思わせるぐらいの名医ぶりだった。
期待大である。

その後、新国立劇場に向かい板尾創治さんの芝居を観劇。
今日は森岡組に出演してくれた俳優デーだ。
数日前にたまたま初台を歩いていたら、板尾さんが私を見かけ、
知人を通して声を掛けられたのだ。
板尾さんの公演の後、『路地猫』なのでちょうどよかった。
共演者の阿南は一緒にバイトや芝居をしたことがあり、旧知だった。
アフタートークの途中で『ごくせん』の撮影があるからと途中退席、
楽屋口ですれ違うと、「監督やってるンだったら、使ってくださいね」と言い残し、
素早く去っていった。売れて良かったなぁ……阿南。

f0149081_22444786.jpg作:オーウェン・マカファーティー 
翻訳:浦辺千鶴 小田島恒志
演出:田村孝裕
出演:板尾創路 柄本 佑  阿南健治 平田 満

【公演概要】現代海外戯曲を日本演劇界の若手が演出する企画、シリーズ・同時代【海外編】第2弾は、北アイルランドを代表する劇作家オーウェン・マカファーティーの『シュート・ザ・クロウ』が登場します。マカファーティーの作品が日本に紹介されるのは今回が初めてとなります。本作品は1997年にアイルランドで初演され、2003年にはマンチェスターにてイギリス初演、2005年にはロンドンのトラファルガー・スタジオで上演され絶賛されました。タイル貼り職人4人の人生が見える不思議なユーモア漂う会話劇の妙が味わえます。演出は劇団ONEOR8を主宰し、外部公演やテレビの脚本も手がける田村孝裕がつとめ、キャストは、舞台や映画など幅広く活躍中の、表現豊かな4人の演技派による組合せが実現しました。イギリスの演劇シーンで今最も注目される劇作家のひとり、マカファーティーの日本初演の舞台にどうぞご期待ください。

by straydog2007 | 2009-04-12 00:00

稽古場で

『路地猫』出演者でフブキ役の春日井静奈の誕生日を祝った。
私は4月1日生まれで、顔合わせの日だったので、絶対に祝うなと制作に命じておいたので、
助かった。この歳になると祝いとか恥ずかしいったらありゃしない。歳を言うのも気が引ける。
まだ、つい最近、上京してきた感じだ。もう30年近くなるのに。
(気持ちはあの時のまま、変わっていない)

以前、誕生日に公演があり、芝居がボロボロだったので、祝って貰う気にならず、
「あんな芝居見せられてケーキなんか食えるか!」と怒鳴り、
何日後かにやっと初日が出た(芝居が合格点になる)ので、冷蔵庫に入れていた
賞味期限の切れたケーキをみんなで食べてお腹を壊した覚えがある。
それでも女優さんの中には気の利いた人もいて、
(義理チョコみたいな感じで)プレゼントをこっそりくれたりするのはありがたいが……。

f0149081_103020.jpg去年の『路地猫』では宮地真緒が公演中に誕生日で、カーテンコールでお祝いをしたのだが、
宮地と同じ事務所の朝倉えりかも千秋楽に誕生日で、
「朝倉には『お祝いはしないから』と言って騙すから」と黒川芽以に言っておいた。
「了解しました!」と、こういうときの黒川の目はキラキラ輝く。
楽屋で朝倉に、
「宮地はキャリアがあるので、舞台上でお祝いしたけど、お前はまだ新人だからしないからな」
と私が言うと、黒川が「そんなの関係ないじゃん! やってあげればいいのに!」と、追い打ちをかける。
「この業界にはヒエラルキーってのが大事なんだよ!」と私が否定し、朝倉を納得させる。
なんというチームワーク。

千秋楽、舞台上に黒川がケーキを出したとき、朝倉は驚愕し、嬉しくて号泣していた。
大成功だ。
左から長澤奈央、朝倉えりか、宮地真緒。
by straydog2007 | 2009-04-10 00:00

NHKから

「脚本家からのひとこと」……というのを依頼された。
ドラマのスタッフが急いでいるらしいので、
演出席で森田ガンツがジムのコントを稽古している最中に書いてみた。
だからガンツの稽古は見ていない。聞いていた。ちゃんと出来てただろう、たぶん。
『路地猫』二回目だし。ガンツの笑い声しか聞こえなかったが……。

 「ツレがうつになりまして。」脚本執筆にあたって

                                                    ■脚本家:森岡利行
 
 私の知人(主婦)のツレ(夫)も「うつ」です。
 ある日、そのツレはどこかの屋上から電話してきて、「迷惑かけてごめんね……もういなくなるから」と言いました。知人は慌てず、叫びたい衝動を抑え、落ち着いた優しい声で「帰ってくるンでしょ……ご飯作って待ってるからね」と言い、震えながら電話を切りました。ツレは「自分は必要とされている人間だ」と思い、ビルから飛び降りるのを止めたそうです。
 現在もそのツレは何かの拍子に発作を起こし、会社の人に家まで連れられて帰ってきたりするそうで、知人は気苦労が絶えません。
 その知人がこのドラマの原作となった細川貂々さんのコミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』にはたいへん助けられたと言っておりました。
 「うつ」の本はたくさんあるのですが、医学用語が多く、文章も難解でフツウの主婦には読みづらいものなのでしょう。知人が「貂々さんに会いに行ってお礼が言いたいくらいッ!」と叫んでおりましたので、この場を借りて私が代わりにお礼を言います。
「貂々さん、ツレさん、素敵な原作を、ありがとうございます!」
 原作の良さが、ドラマでも表現出来ればという気持ちで脚本に臨みました。
 そして、現在、「うつ」という病気にかかっている人も、そうでない人も、貂々さん、ツレさん夫妻が子供のように可愛がっているイグアナのイグに心を癒されたように、ドラマを見て、ほんのちょっぴりでも心を癒していただければ、幸いです。



この話は実話だ。
by straydog2007 | 2009-04-09 00:00

『女の子ものがたり』のプロデューサーから驚愕の……

『路地猫』の稽古は順調だ。
いつも稽古始めにはボクササイズを行う。
他の仕事がある人が多いため、抜き稽古(部分を集中的に行う)をしているのだが、
出演じゃない俳優も、ボクササイズには参加して汗を流し、
抜き稽古を見学してくれている。
ガンツは動き始めると休めなくなる体質らしく、一生懸命取り組んでいる。古川も若いので、
みんなに追いつこうと必死に稽古に参加している。なんせ1日休むと3日遅れるのが、
我々、ピアニストの世界だ……って誰がピアニストや!?
ガンツが笛木(ユミン)のボクシングが凄くチャーミングで見惚れていると思ったら、
実は最年少男子の古川も可愛いらしく、稽古中に裸の胸を隠す古川に
「お前、気持ち悪いのう」というセリフを
思わず「お前、可愛いいのう!」と変えていた。
セリフ勝手に変えるなよガンツ(笑)。

女子はボクシングの他に猫ダンスもあるので大変だ。
それには感謝しているのだが、仕事が忙しくて、来られない人が心配だ。
こういう稽古って毎日の積み重ねが大事なんだけどね……
俳優それぞれがどういう意識で舞台に立ち向かっているか……それが問題で、
映像は編集でごまかすことが可能だが、
舞台は観客を騙せない。
躰やセリフのひとつひとつ、ごまかしが効かないのだ。
我々は下りのエスカレーターを昇っていっているようなものなのだ。
止まると下がっていくばかり。
だから、休んでいる暇はない……昇り続けるのだ。

なんて休み時間に考えていると、
『女の子ものがたり』の西口プロデューサーからの電話!
なんとッ! エエッ! なんてこった!? そんなことってあるの?
みたいな問題が勃発し、選択を迫られた。

これだけ書いているとおおごとのようだが、おおごとだ! 
なんせ、×××が×××しての×××は×××だと言うのだ。
あの西口Pとの楽しい編集の日々が蘇えり、エスカレーターを下っていった感じになった……。
それにしても××が良い映画だと褒めてくれていたのは嬉しかったけど……。
映画関係者にはもしかしたら分かるかもしれないが、
フツウの人はなんの話かさっぱりわからないだろうな。


×××が何かは、今は言えないので想像にお任せするが、稽古の話の中に映画の話しへのリンクがあり、ちょっとヒントが隠されている。公開時には言えるかもしれないけど……。
by straydog2007 | 2009-04-08 00:00

五期生最終ボクササイズと発表会

f0149081_22482539.jpg


終了後、打ち上げへ。
五期生のみんな、半年~1年間お疲れさま!
これからも頑張って精進してくれ!
俳優は常に切れる刃物のように研いでいてくれ。

いつかまたどこかの現場で会おう!

f0149081_22483796.jpg

森田亜紀と5期生のゆかいな仲間たち。
by straydog2007 | 2009-04-05 00:00



脚本家・監督 森岡利行のブログ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
映画「死にぞこないの青」情報
from 乙一FAN!
新着チラシ:トウキョウソ..
from 銀幕小匣
おっとビックリ!ダンスの..
from ダンスって気になりませんか?
武田真治ニュース
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治映画
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のホームページ
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のお宝画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のお宝画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧