森岡利行監督日誌

<   2009年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

チェンジリング

凄いなぁクリントさんは。
こんなの撮っちゃうンだもんな。
尊敬以外の言葉が見あたりません。


『チェンジリング』


f0149081_1816577.jpg1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。そして5ヶ月後、息子が発見されたとの報せを聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォルターではなく、彼によく似た見知らぬ少年だった。
[ 2009年2月20日公開 ]

by straydog2007 | 2009-02-28 00:00

祝『おくりびと』

……って感じかな。
映画館は『おくりびと』効果で人がいっぱいだ。
日本映画が世界に認められるのは、日本人として嬉しいよな。


でも、アメリカが日本に賞をくれるのは
いつも世界情勢が不安なときだけどな。
UFOが現れるのもそういうときだという。



『数奇な運命』の原作者フィッツジェラルドって『華麗なるギャッツビー』を書いていたと思う。
中学の時、観た記憶がある。
ロバート・レッドフォードとミア・ファーローがいかしてた。




『ベンジャミン・バトン 数奇な運命』

f0149081_17493965.jpg1920年代にF・スコット・フィッツジェラルドが執筆した、80代で生まれ、そこから若返っていくひとりの男の姿を描いた短編の映画化作品。普通の人々と同じく彼にも時の流れを止めることはできない。ニューオーリンズを舞台に、1918年の第一次世界大戦から21世紀に至るまでの、ベンジャミンの誰とも違う人生の旅路を描く。
[ 2009年2月7日公開 ]

by straydog2007 | 2009-02-24 00:00

制作部より

森岡利行監督作品『女の子ものがたり』主演の深津絵里さんの少女時代のキャストが発表されました!

毎日新聞ニュースに写真掲載。


『深津絵里が演じる30代ダメ女、少女時代は15歳の美少女と11歳のちびまる子ちゃん』


f0149081_14413912.jpg



人気漫画家、西原理恵子の原作を映画化した映画『女の子ものがたり』の主演が深津絵里に決まったことは先に発表されたが、このたびその少女時代役に大後寿々花と森迫永依が決まった。


f0149081_143815.jpg



 本作は、深津演じる36歳のスランプ中の漫画家・菜都美が子ども時代の友情を思い出すことで前向きな気持ちを取り戻していくというハートフルなドラマ。菜都美の小学生時代を演じるのは実写版「ちびまる子ちゃん」でおなじみ、国民的子役の森迫永依。二人の美しいお姉さんについて森迫は「深津さんが演じる菜都美や大後さんが演じる菜都美はこんな感じになるのかなぁ? というのを想像して意識して演じました! 菜都美は、わたしと比べてすごく沢山の経験を経て成長しているんだなぁと思いました。そんな菜都美の子ども時代を演じることがとっても楽しかったし、わたしも菜都美のような経験を沢山してみたいと思いました!」と素直でかわいらしいコメントを寄せた。


f0149081_1438192.jpg



 一方、菜都美の高校生時代を演じるのが、映画『北の零年』『SAYURI』などに出演した経験を持ち、今年は『カムイ外伝』で松山ケンイチとも共演する15歳の大後寿々花。役が決まったことについて大後は「深津さんの作品をたくさん観せていただいて、ぜひ共演させていただきたいと思っていたので、とても光栄です。菜都美という女の子を理解し、そのキャラクターを大切に演じるように心がけました。監督のイメージする菜都美を大切に演じれば、自然につながると思って演じました」と少女ながらもベテランの演技派も顔負けのしっかりした意見を述べた。


f0149081_1439784.jpg



 この三人が一人の人間を演じるための見た目の工夫としては、森迫と大後が左利きだったので深津も無理矢理左利きにしたと森岡監督は語るが、実はそれよりも重要だったのは、顔が似ていることよりも「どうしようもないその人の核みたいな部分が共通していること」だったらしい。確かにこの三人、美女というだけではなくどことなくたたずまいが似ている。


f0149081_14392492.jpg

by straydog2007 | 2009-02-20 00:00

原作者さん宅を訪問

今、手掛けているドラマ脚本の原作者さん宅を訪問させていただいた。


これまで、原作者さんのお宅を訪問したのは『悲しきヒットマン』の


元山口組顧問弁護士山之内幸夫先生、


『死体は生きている』の元監察医・上野正彦先生のお宅だけだった。


いやぁ、やはり原作者さんとは会っておくべきだね。


本には書かれていないことも教えてもらえたし、


何よりも楽しい時間が過ごせた。


西原さんの時も、お宅へはお邪魔出来なかったが、


撮影時に話せたことを、すぐ、セリフにしたもんね。


今回の原作者さんのお宅には巨大なイグアナがいてビックリした。


そして爬虫類でも人に慣れることを初めて知った。


人間の赤ちゃんより頭が良いそうだ。


風貌はまるでハリウッド版ゴジラだった。


f0149081_1371423.jpg

こいつは原作者さんちのイグアナではない。参考写真だ。原作者さんちのは150㎝くらいあって、発情期で躰がオレンジだった。オレンジがきれいな程、もてるそうだ。
by straydog2007 | 2009-02-14 00:00

ピンチにパンチ!

先日行われた公演『バンク・バン・レッスン』の中でのセリフだ。




久々に脚本家として忙しい生活をしている今日この頃だが、


プロット(私が書いたものではない)が原作者のお気に召さなくて、


プロデューサーが慌てて連絡をしてきた。


それはすでに作られていたもので、


出版社やテレビ局には企画が通っていた。


が、原作者が怒っているとのこと。


原作者が書かれたメモのようなもの“脚本案の問題点”には、


プロットへの怒りがこめられていて、


久々に怒っている大人を見たような気がした。


そんなことはおかまいなしに、


既に脚本を書き進めていたものだから、


慌ててプロデューサーから連絡が入ったのだ。




心配は杞憂に終わった。




私の場合、書き始めると登場人物が勝手に動き出し、


プロット通りには行かないからだ。




できあがった第1稿は原作を敬愛したモノになった。





これこそ、“ピンチにパンチ!”ではないか。





まだこの原作が何か発表出来ないが、


何万部も売れている原作である。





去年からそれにしても××××に縁があるな。


f0149081_3392848.jpg

       プロデュース公演『バンク・バン・レッスン』(高橋いさを作、中西良太演出)
by straydog2007 | 2009-02-12 00:00

東山麻美より

メールが届いた。


亡くなったお父さん(離婚されている)の彼女から、


服や諸々遺品が、彼女の元に送られてきたそうだ。


その中になぜか、ポケットサイズに折られた


『路地裏の優しい猫』のチラシが入っていた。


制服姿の女子が東山だ。


どこから入手したのかは定かではないらしいが、


そこには離れた場所で娘のことを想う父の気持ちが


こめられているような……そんな気がした。


東山が私に礼を言った。


「なんだか……ありがとうございますがいいたくて……」


「きっとどこかで東山を見守ってくれていたンだよ」


「ほんとうに……ありがとうございます……」



f0149081_343476.jpg




















2000年度初演『路地裏の優しい猫』のチラシ




目に見えないものって大事だ。



誰かの思い……



亡くなった人の面影……



我々はそういうことが支えとなって




生きていける生き物なのだ。
by straydog2007 | 2009-02-11 00:00

相沢真紀さんとふんどし

表参道にて『路地猫』で歌う猫アッシを演じてくれる相沢真紀さんと会う。


彼女は昨年の暮れ、テレビを見ていて、


「あ、アッシはこの子だ!」と直感した人だ。


新潟出身の彼女は、お店につくなり、


「何か今日、原宿すごいですね、“ふんどし姿”の人がいっぱいいましたよ」


と言っていた。


朝から大勢の“ふんどし姿”の人を見てきたのか。


それはすごい。


f0149081_3564338.jpg
by straydog2007 | 2009-02-11 00:00

制作部より

『月刊デ☆ビュー』誌にて“STRAYDOG”のオーディション情報が掲載されました!

f0149081_1453781.jpg

映画『女の子ものがたり』の監督・森岡利行が新作舞台の出演者募集(写真は『2008年版路地裏の優しい猫』)
by straydog2007 | 2009-02-10 00:00

千秋楽!

『バンク・バン・レッスン』&『へなちょこヴィーナス』とも連日盛況のうちに幕を閉じた。


上演許可を頂いた劇作家の高橋いさをさんもお見えになられて、


久々の大入りが出た。


それにしても、若い奴はパワーがある。


稽古の最終日、三回通しやっても元気だったもんな。


今回のダメだしは「裏方をやってくれているスタッフに感謝しろ」ということだった。


ヴィーナスのキャストの半分が『バンク・バン・レッスン』の初日に休んだのだ。


裏の彼ら(キャスト)が照明や道案内の看板持ちをやってくれていると言うのに……。


そんな作業をしなくとも、初日を観てあげるということをしてもいいのじゃないか。


裏のキャストが受け付けを手伝ってくれたり、


看板持ちをやってお客さんを案内したり、


音響や照明を手伝ったり、


そういう彼らの一生懸命(芝居を愛している)な姿は本当に美しく思える。


野良犬のパワーはそこから沸いてくるンだよ。

f0149081_11573186.jpg

by straydog2007 | 2009-02-08 00:00

中日

今回、初心に戻っていろんな人(以前からの関係者)にお知らせを出したので、


懐かしい面々も顔を出してくれた。


ありがたいかぎりだ。

f0149081_11553396.jpg


映画『クラヤミノレクイエム』に出演した那波隆史が来ていて、舞台の打ち上げで海旅行にみんなで行ったとき、舞台監督をしてくれた島田輝之の小学三年生の息子も来ていて一緒に遊んだ。その息子が今回で主演(舞台中央・島田快)を演じていて、親戚のおじさんみたいに「大きくなったなぁ」と吃驚していた。
by straydog2007 | 2009-02-06 00:00



脚本家・監督 森岡利行のブログ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
映画「死にぞこないの青」情報
from 乙一FAN!
新着チラシ:トウキョウソ..
from 銀幕小匣
おっとビックリ!ダンスの..
from ダンスって気になりませんか?
武田真治ニュース
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治映画
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のホームページ
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のお宝画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のお宝画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧