森岡利行監督日誌

<   2008年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

さよなら。いつかわかること

f0149081_1229476.jpg


ホームセンターで働くスタンレーは、二人の女の子の父親。母親は陸軍軍曹として、イラクに赴任中だった。長女のハイディは、父親のいない時に、こっそり戦争のニュースを見ていた。スタンレーは、母親を恋しがる娘たちとうまく接することが出来ず、いつもぎこちなく食卓を囲んでいた。ある日、妻が亡くなったという報せが届く。突然の妻の死を伝えることが出来ないスタンレーは、娘たちと小旅行に出かけることを思いつく…。
[ 2008年4月26日公開 ]

by straydog2007 | 2008-04-29 00:00

犬と私の10の約束

次回作のスタッフが参加しているので、参考までに観に行った。
老若男女、家族づれが多かった。

f0149081_0434757.jpg

                (C)2008「犬と私の10の約束」フィルムパートナーズ

14歳のあかりは、病院に勤める父と優しい母の愛情に包まれて暮らしていた。ある日、元気だった母親が病気で入院してしまう。父親は仕事で忙しく、寂しいあかりの元に、一匹の子犬が迷い込む。犬嫌いの父親を説得し、あかりは子犬を飼うことに。犬はソックスと名づけられた。母親は、あかりに犬を飼う時は、「10の約束」をしなくてはいけないと教える。それは、犬が飼い主にして欲しい、10のお願いだった。
[ 2008年3月15日公開 ]



その後、事務所へ戻り、seedling5期生オーディションに参加。

夜、「靴に恋して」観る。

外国映画はどうしてこんなに色が鮮やかなんだろう。
f0149081_0444745.jpg

レイレは23歳。高級靴店の店員。靴のデザイナーを夢見ている。でも、いつしか自分を見失い、恋人も出て行ってしまった。アデラは49歳。キャバレーのオーナー。夢は小説家になること。でも、知的障害の娘の世話で余裕のない毎日。マリカルメンは43歳。夫の死後、タクシー運転手として10年間働きづめ。愛を求めている。イサベルは45歳。高級官僚の妻。サイズの合わない靴を買い漁り、孤独を紛らわせている…。女性の悩みは様々。でも、誰もが自分に合った靴を履いている。これは靴を履く全ての女性の物語です。
[ 2004年10月2日公開 ]

by straydog2007 | 2008-04-20 00:00

久々のボクササイズ!

映画プロデューサーから連絡があり、俳優の顔合わせが諸々の折衝で延期になった。

まぁ、いつものことだけど、映画って大変ですわ。




夜は久々のボクササイズ。

“STRAYDOG”古株の浜谷康幸が張り切って参加していたので、

旧ソ連式のスパーリングをやってみた。

f0149081_0212498.jpg

相手を変えての3ラウンド。

全て浜谷より若い選手……いや、俳優だ。

さすが20代の頃はぶいぶい言わせていた浜谷も、3ラウンドもやると階級下の相手 に手が出なかった(一発、いいのを当てて、押し倒していたが)。
浜谷康幸。



因みにうちのジム……いや、事務所の練習は3分やって1分休憩のところ、
30秒の休憩にしてあるから、練習を真面目にしていれば体力はつくはずだ。

なのに女優のYは休んだ。

大雨だったからだろうか。

『南の島のハメハメハ大王』みたいな奴だ。

♪風がふいたら遅刻して
雨がふったらお休みで
ハメハメハ ハメハメハ
ハメハメハメハメハ

♪朝日の後で起きてきて
夕日の前に寝てしまう
ハメハメハ ハメハメハ
ハメハメハメハメハ


女優にはこういう奴が多い。




話は変わるが、

よくうちの所属オーディションを受けに来る俳優志望で自分で芸名をつけてる奴がいるが、

これがもうすでに間違っている。

芸名とかサイン考える暇あったら、本や映画や芝居でも観ろ。

だいたい芸名なんて自分でつけるものじゃない。



所属している事務所が考えるものだ。



またこれが、××女優みたいないかにもって奴が多い。



すっごい名前つけてても顔見たら、けっこう笑えるンだな、これが。
by straydog2007 | 2008-04-18 00:00

打ち合わせと映画と食事会。

ロケハンから帰り、早速、人間ドラマの脚本打ち合わせ。

その後、新宿で『ノーカントリー』を観る。

病んでるなアメリカ。

9.11に対する比喩(メタファー)なのか。

予告編で観た『ミリオン・ダラー・ベイビー』の脚本家:ポール・ハギスの新作が気になった。

f0149081_22444454.jpg


メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて行くのは非情の殺し屋アントン・シガー。そしてもう一人、厄介な事件に巻き込まれたモスを救うべく老保安官エド・トム・ベルが追跡を始めるのだった。
[ 2008年3月15日公開 ]


その後、居酒屋にてプロデューサーN氏とグラビアアイドルのS・K、マネージャーと食事。彼女はブログのアクセス数が半端じゃなくすごいとのこと。やはり舞台がやりたいそうだ。

“STRAYDOG”の稽古も半端じゃないけどね。



毎回、血を見るよ。



ボクササイズで。
by straydog2007 | 2008-04-16 00:00

四国へ

13日に『サヨナラ帚星』打ち上げを終え、
14日に飛行機で四国松山へ。

ロケハン。
今回は大洲というところを中心に行った。



夜はスタッフ全員で旅館近くのスパに入った後、
串カツを食べる。
あれ、前回も串カツだったな。
ていうか、ロケハンの時、『子猫の涙』のときも新世界で串カツだった。

それから助監督と制作チーフはプロデューサーと旅館に戻って打ち合わせ。

私と美術監督はかねてから夜のロケハンをしてくれていた助監督の情報を元に、
飲み屋へ直行!

とにかく散らかった店だった。
つまみはかわきものオンリー。
(うちの事務所のおやつと同じだ)
我々が入った時は誰もいなかったのに、
数分後に近所の工務店の店員らしき客で満員になり、
勘定を払い、すぐに出た。

外は真っ暗で、他に店はなかった。
ていうか、


何もない。



何もない。



もう一回……何もない。



時計を見た。



0:10だった……。




このまま明日に控えて、おとなしく寝るか……どうするか……





つづく。
by straydog2007 | 2008-04-14 00:00

東京へ

朝、母の入院している病院へ見舞いに行き、
昼、駅近くのお好み焼きやさんで『モダン焼き』(お好み焼きと焼きそばのミックス)を食べ、


そのまま新大阪から東京へ。


私の後ろの席に歌手の瀬川瑛子が座っていた。


左隣はどうみてもつりあわないホステス顔をした秘書風20代の女と50代のスーツ姿のおっさんが、手を繋いでいちゃいちゃしていやがった。

それより、あの車内でパソコンのキーボードを打つ、カチャカチャって音、なんとかならんですかね。けっこううるさくて眠れないンですけど……頼むよJR。

f0149081_1394890.jpg


その後、劇場入りし、本番。

明日は千秋楽、そして打ち上げだ。
by straydog2007 | 2008-04-12 00:00

大阪へ!

スタイリストのYさんと顔合わせ。


美人だ。

この映画のスタッフの特徴が表れてきた。

演出部はサード以外坊主、

制作部はチーフが坊主で、

女性スタッフはみな美人(今のところ、P二人が女性、スタイリストのYさんとそのアシスタントだけだが……)

(映画のタイトルが発表出来るようになったら写真を撮らせてもらい、アップしよう)

てか、どんな特徴だ?

『美女とボーズ』か。


映画『問題のない私たち』を観てくれていて話が弾む。

プロである。

その監督の作品に携わるなら、
その監督の前作を観ておく……あたりまえのようだが、
“STRAYDOG”のワークショップやオーディションにくる俳優は、
95%観ていない。

Yさんにキャストにそれぞれ色をつけ、
それを際だたせるよう、美術にもこだわりたい旨を訊いてもらう。

私は会うまでYさんの名前は伏せられていたので、
手掛けた作品を観られていなかったが、
今、絶賛公開中の映画を手掛けているそうなので、
観てみようと思う。

そんな話の途中で実家からメール。
母が手術を受けるそうで、膝の裏に水が溜まり、それが化膿していて、もし身体中に菌が回っていると、たいへんなことになる……麻酔をかけてすぐに手術をしなければいけないのだが、心臓が悪いので、全身麻酔だと、最悪、覚悟しておいて下さいと医者に言われた、と妹からメールがあった。

か、覚悟ぉおおお?

しかも父が亡くなった同じ病院だという。

あの時は、「大丈夫じゃないの」と言って手術に立ち会わなかったら、そのまま還らぬ人となってしまったので、父が私に言った最後の言葉が、

「おまえは佳子(妹)、利用されてるだけじゃ! 可哀想に」であった。

これは、妹の離婚調停について、弁護士さんを紹介してあげた時に電話で言われた言葉だ。

それが最後の言葉になってしまった。

因みに母は、

「この役立たず!」

だったそうだ。


慌てて東京駅に向かい、新幹線で大阪へ帰った。

手術は無事終わり、母親は意識をとりもどし、いきなり私がいたのでサプライズ゙となった。

こんなことなら、悪魔のコスプレでもして立っていればよかったか。

なもんで、この日に公演を観て、私と久しぶりに飲もうと目論んでいた人たち、

申し訳ない。


そーゆーことだ。

f0149081_1411983.jpg

by straydog2007 | 2008-04-11 00:00

seedling卒業公演初日

幕が開く。



無事、初日を終えた。


客席には台本を書いた鈴木由里子がシナリオ講座の卒業生ともあって、



同じ講座生の姿も見えた。



れいによってそのまま初日乾杯へ。




シアターアプル公演がぎりぎりまであったので、




演出の私が入るのが遅く、




出演者は大変だったが、よく頑張ったと思う!
by straydog2007 | 2008-04-08 00:00

子役オーディション

下は小学校3年生から6年生までのオーディション。



いやぁ、天才っているンだね。



すごい、ホント。



脚本なんか持ってやらないし、



演出をすぐ把握するし、




お芝居じゃないンだよね。



すごいの一言ですわ。
by straydog2007 | 2008-04-05 00:00

スターダストプロモーションの

新人開発部を訪問する。

前々から思っていたが、映画のオーディションのとき、
ダストの子たちはレベルが高い。

『問題のない私たち』のときの沢尻エリカもそうだった。
セリフもちゃんと前もって覚えてきていて、ちゃんとシナリオを理解し、
へんな癖もなかった。

部長さんに話を訊くと、レッスンにはかなり力を入れられているようで、
ここから、また第二の沢尻エリカや柴崎コウが生まれるのだろう。



スターダストには不思議な縁を感じる。


私が俳優だった頃、
『ザ・ハングマン PART4』(井上梅次監督)というテレビドラマで最後のエンドロールに
霊心会というストリートパフォーマンスのグループが“ありがたや節”というのを
踊っていたが、それがスターダストのはじまりだと訊いた。

私が監督になって、
最初に映画のオーディションで出会った女優が沢尻エリカで、

その次が土曜ドラマ『繋がれた明日』の青木崇高が大阪の八尾出身で、
私と同じ中学校。その後、舞台『母の桜が散った夜』に出演した田中仁浩も
大阪の天王寺出身で、
「青木が中学同じだから、田中は高校だったりして……どこ?」と訊くと、
同じ高校でビックリした。
その後、映画『子猫の涙』のオーディションにきた藤本七海も大阪の八尾の出身だった。

そういうことってあるのかなぁ……。
by straydog2007 | 2008-04-04 00:00



脚本家・監督 森岡利行のブログ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
映画「死にぞこないの青」情報
from 乙一FAN!
新着チラシ:トウキョウソ..
from 銀幕小匣
おっとビックリ!ダンスの..
from ダンスって気になりませんか?
武田真治ニュース
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治映画
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のホームページ
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のお宝画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のお宝画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧