森岡利行監督日誌

<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

取材と忘年会

f0149081_13522865.jpg渋谷FMに行って来た。
DJをつとめる榊英雄氏は長崎県五島列島の出身で好男子。武田さんをはじめ、今度、舞台に出演する街田しおんさんや脚本作「鬼火」の片岡礼子とも共演したそうで、共通の話しで盛り上がる。最近、子供(女の子)が生まれ、やる気、気力ともに充実といった感じだった。
放送は08年1月25日(金)で公開の一日前になる。

その後、トルネード・フィルムでキネマ旬報の取材とボクシング・マガジンの取材をして、
“STRAYDOG”映放部の忘年会。
久しぶりに「子猫の涙」撮影の釘宮さん、助監督の玉利、監督補の森川、演技事務の佐藤めぐみと飲む。玉利と佐藤は「子猫」撮影の後、映画の撮影(滝田洋二郎監督「おくりびと」)でまた広末さんとご一緒したそうだ。
ホリプロのプロデューサー井上竜太氏も参加。竜太さんはよみうりテレビの連続ドラマ「ボーダー」からのおつきあい。
「脳味噌筋肉の森岡さんが脚本家ってだけでも驚きなのに、まさか監督になるなんて」
と盛り上がる。
by straydog2007 | 2007-12-20 00:00

スタッフより

試写会情報!

日時:2008年1月22日(火) 開場 18:30/開演 19:00
会場:東商ホール(東京都千代田区)日比谷駅で上映
「子猫の涙」試写会 25組50名
〒104-0032
中央区八丁堀3の11の8
美和ビル7F
フリーマン試写会毎日係

プレミアオンライン 試写会
『子猫の涙』の試写会に、5組10名様をご招待。(2008年1月14日(月)締め切り)。


TSUTAYA online / 試写会「子猫の涙」30名様。

CINEMA TOPICS ONLINE|映画『子猫の涙』でRie-fuさんと森岡監督のトークイベントの
レポートがUPされています! ご覧下さい!
by straydog2007 | 2007-12-19 00:00

【TOKYO FMリスナーズクラブシネマパーティー】

試写会の舞台挨拶に行った。
Rie-fuさんのピアノ生演奏の主題歌が聴けてラッキーだった。
FMホールに響く彼女の歌声はCDで聴くのとは全然違う迫力で、胸に響いた。
いい曲を提供してくれて、本当にありがたいと思う。

叔父によく夜のクラブ活動に連れていってもらった。
一度、生バンドで「上を向いてあるこう」を歌ったことがある。
それが抜群に上手で、映画の中にも使いたかったが、版権の問題やなんやで
かなわなかった。
でも“Home”の歌詞の中に、

♪上を向いて、前向いて歌ったら 何か見つかるかな

という一節があり、何かひじょうに因縁めいたものを感じている。
f0149081_1217712.jpg

by straydog2007 | 2007-12-18 00:00

小説「子猫の涙」と大阪試写会

 前に書いた初めての挑戦とは、映画の小説化のことだ。
 竹書房さんより2008年1月17日(木)発売予定となる。

 できあがった原稿を裕子に読ませた。
「なんであんたが栄ちゃんの浮気相手知ってんの?」
「まあいろいろ調べてな……」
 私は言った。
「まあええわ……いつやったか、栄ちゃんと一緒に寝とってな、怒れへんから、正直に浮気相手の名前言うてみぃって言うたら、出てくる出てくる女の名前……腹立ったから、寝てる頭の上からゴミ箱ブチまいたった!」
 怒っとるやん! 
「でも私の役が広末でよかった! ぴったりの配役や!」
 それが小説の感想かい!
 和則にも訊いた。
「なんでオカン、広末涼子やの? 全然、違うやんか。上沼恵美子やろ」
 上沼恵美子は大阪で中高年層に絶大な人気のおばちゃんタレント(元漫才師)だ。
 大阪で試写を観た治子に映画の感想を訊いてみた。
「武田真治さんも広末さんも品がいいから 救われた。本物の栄治は下手したらただの下品なチンピラ大阪人に演じてしまえる可能性があるからな。品良く見える役者さんでちょうどよかった。 私が一番親父らしいと思った好きな場面は、中学時代のケンカシーン。全体に映画の栄治は優しかったけど、本物の怖い時の栄治を映画にすると、ただの気の狂ったオッサンに見えても困るし(笑)。人の魅力は一言でまとめるのは難しいね 。とし坊兄ちゃんは天才や。でも、場面展開が無駄に多く感じるとこと フェードアウトの仕方がなんか野暮ったいと素人の私は思います」
おまえはおすぎか(笑)。
「でも想像より爽やかな映画になっていた。これなら知り合いに宣伝できる! えぐかったらどうしよかと心配してたから」
「小説で儲かったら、お金回したるからな」
「ハハハ……お金なんかいらん! 映画のチラシちょうだい、宣伝するから」
 さすが栄治の娘だ。
 森岡栄治は死んでも死なない。
 魂はそこかしこで生きている。
f0149081_1535833.jpg

by straydog2007 | 2007-12-16 00:00

スタッフより

【TOKYO FMリスナーズクラブシネマパーティー】
TOKYO FM主催の『子猫の涙』試写会が決定!

当日ゲストとして、森岡利行監督・Rie fuさんが登場予定!!

12/18(火)TOKYO FMホールにて行われます。
応募方法や詳細は下記アドレスへアクセス下さい。
http://www.tfm.co.jp/cinema80/preview/index.php?id=473

みなさんご応募お待ちしております!!
by straydog2007 | 2007-12-11 16:40

日本映画監督協会忘年会に

初めて参加した。
「半落ち」の佐々部清監督も来られていて挨拶をさせていただいた。
実は「子猫の涙」撮影時、気になっていたことがあった。
栄治が京セラのニセ株券を受けとるシーンを撮影している時、
舞台となった古い喫茶店の前を佐々部監督に似た人が横切ったのだ。
声をかければよかったと悔やんでいたのだが、他人のそら似かもしれないし、
佐々部監督とはエンジェル大賞の授賞式の時に一度、挨拶させてもらっただけなので、
向こうは覚えてないだろうし、呼び止めるのもずうずうしいだろうと思っていたのだが、
ずっと気になっていたので、この機会ににと、訊ねたら、やはり、佐々部監督だった。
なんか一年ぶりにほっとした感じだった。
監督は最新作「結婚しようよ」の公開を控えているそうで、なんとR45だそうだ(笑)。
by straydog2007 | 2007-12-10 00:00

KИHO キノ 懇親会

f0149081_515112.jpgキノ(阪本順治監督の会社)さんの懇親会に参加。
いわゆるプロデューサーと監督の合コンだ。
プロデューサー&監督がボーダレスに交流出来る場を!!
と、プロデューサーの椎井友紀子さんが始められた3回目。

昨年は阪本監督に映画を撮り終えた報告に行った。
なぜなら、「子猫の涙」(一番初めのタイトルは「エイジ」)の脚本は一番最初に読んでもらったのは阪本監督だったからだ。

当時、ボクシング映画と言えば阪本監督で私は「どついたるねん」にいたく感動した。
叔父に話したら、
「知ってるで赤井の映画やろ……なんやったかな……“どつきまわしたろか”ちゅう映画やろ」
と言っていた。どつきまわしてどないすんねん!
阪本監督は無名の役者が書いた脚本を読んでくださり、自宅に電話してきてくれた。
私はこのチャンスを逃すまいと「会って下さい!」とお願いした。
あの夜のことは忘れもしない。
阪本監督は「トカレフ」(1994年)を撮り終えたくらいの時期だったと思う。
新宿の喫茶店(トップス)で待ち合わせをし、感想を聞いた。
「面白かったよ……けど、俺、今、ボクシング映画撮る気ないから」と言われた。
それから、中華料理をごちになり、その後、「BURA」という業界の人が集まる飲み屋に行き、二人で呑んだ後、新宿の「レディ・ジェーン」へ連れて行かれた。そこで待ち合わせしていた人たちは荒戸源次郎プロデューサー、広田レオナさん、小林薫さんだった。小林さんは面識はなかったが状況劇場の先輩ということで自己紹介させてもらった。
「状況劇場に脚本が書ける人がいるなんてね」と小林さんに言われた。
阪本監督と小林さんが盛り上がり、最後にケンカになっていたのを覚えている(内容も覚えているがここでは書けない)。
最後はタクシーで家まで送ってもらい、
「頑張ってね……俺も頑張るから」と言われ、別れた。
初対面で、こんなにまでしてもらって……その半年後くらいに私は脚本家デビューした。
映画会社に持ち込み、「阪本監督が面白いって言ってたんで、読んで下さい」と売り込んだのだ。「エイジ」はその会社では映画化にはならなかったが、それがきっかけでデビューに繋がったのだ。あ、でもその会社は元々、大映で今は角川だから、巡り巡って映画化になっている!

f0149081_5131456.jpgそういうこともあって、
阪本監督に挨拶しようと顔を出したのが昨年。
あっというまに一年が経ち、今年は上映も決まったのでと顔を出したが、阪本監督は新作の撮影でいなかった。今年も懐かしい顔や新しい出会いのある中、「転々」(三木聡監督、出演:オダギリ・ジョー、三浦友和)の林哲次プロデューサー再会した。実は林さんは私が役者をやっていた頃(「太陽にほえろ」「ハングマン」)、制作担当で弁当を運んでいたのだ! 興行の成績もよく、「そっちも頑張れよ」と言われ、帰って「転々」の予告編を見た。ナレーションが「子猫」と似ていた。まだ未見なので観ようと思う。

出会いは大事ですな。
by straydog2007 | 2007-12-01 00:00



脚本家・監督 森岡利行のブログ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
映画「死にぞこないの青」情報
from 乙一FAN!
新着チラシ:トウキョウソ..
from 銀幕小匣
おっとビックリ!ダンスの..
from ダンスって気になりませんか?
武田真治ニュース
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治映画
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のホームページ
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のお宝画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のお宝画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧