森岡利行監督日誌

<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

いざトルネード・フィルムへ!

f0149081_1331433.jpg 元パル企画でプロデューサー(P)をつとめていた
 大橋孝史氏、(映画「父と暮らせば」「紙屋悦子の青春」を
 手掛ける)、Pの上野境介氏と会う。ノリがいい。
 2004年5月に第三回日本映画エンジェル大賞を
 受賞し、2005年の1月に武田真治が出演を快諾してくれ、
 各映画館に打診、ことごとく玉砕されてきた経緯を
 説明させてもらった。
 やっぱり俺が監督じゃ難しいかなと思ってたら、
 「やりましょう」と出資承諾の返事。
 「……!?」となる俺。
 おいおい、本当かよ。まだ脚本も読んでないぞ。
 「監督も、武田真治もOKです……けど」
 「けど?」
 「題名は変えさせて下さい」
 承諾するしかない。
 天にも昇る気持ちだった。
by straydog2007 | 2005-10-22 00:00

武田真治さんに

出演を快諾してもらい、出資者を募ってきたが、なかなかよい返事は貰えず立ち往生。
またまた我妻さんに電話をした。(私は何か脚本でのトラブル、悩みがある時いつも我妻さんに電話する。会うと「飲ませろ!」とか、「女連れてこい! そしてやらせろ!」とか言われるからね)「どこか、俺に監督やらせてくれて、ポーンと金出してくれる映画会社ありませんかね」「あるよ……トルネード・フィルムって言うンだけど、社長はさ、“アメリ”で当てた叶井俊太郎っていういきのいいのがやっててさ、そこに副社長で大橋って言うのがいるからあたってみろよ」早速大橋氏に電話したら、留守電だったがすぐ折り返しがかかってきた。「明日、会社に来られますか?」「明日って土曜日ですが……」「うち、関係ないんで」「行かせてもらいます」なんとスピーディな! ていうか“ねずみ男”に似た我妻さんが女神に思えてきた……。
by straydog2007 | 2005-10-21 00:00

父、逝く

叔父・栄治の逝去から一年弱、後を追うように父親が逝ってしまった。享年・70歳。

葬式に帰る。

映画の目処、まだ立たず。
by straydog2007 | 2005-10-11 00:00



脚本家・監督 森岡利行のブログ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
映画「死にぞこないの青」情報
from 乙一FAN!
新着チラシ:トウキョウソ..
from 銀幕小匣
おっとビックリ!ダンスの..
from ダンスって気になりませんか?
武田真治ニュース
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治映画
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のホームページ
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のお宝画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のお宝画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧