森岡利行監督日誌

稽古8日目

ボクササイズを終え、稽古に突入。
f0149081_11311453.jpg


ダーッと前半部分を終了させる。
森田ガンツがハイテンションすぎて、声がヤバイ。
本人曰く、
「稽古始めにボクササイズをやって躰を暖めなかったのがよくなかったみたいです」
ていうか、彼は休みの日(出番がない)だったのだが、来てくれたので稽古をした。
f0149081_1135574.jpg

沖田、中原、ガンツ。

終了後、飲み会。
黒川と宮地はオヤジたちと飲みたくないのだろう、稽古が終わると逃げるように帰っていった。
(黒川はこの日、成人式。おめでとう!)ある意味、それは正解だと思う。どうも、黒川は幼い頃から知っているので、一緒に飲む気にはなれないし、未成年だったせいもあるが一緒に飲んだことはない(娘と一緒には飲めないでしょう)。

f0149081_11303211.jpg

古山は「今回、美人ばかりで楽しい!」を連発しているし、私の隣に座った大内が「きれいどころじゃなくてスミマセンね」とか言っている。酔ってくると、
「僕はDOGの中じゃ××ちゃんが一番好きなんですよ」
と訊いてもいないのに、宣言している。今にも「××ちゃんを僕に下さい!」と言わんばかりだ。油断は出来ない。きっと色んなところで色んな人に言ってるのだろう。まるでエイジだ。
そうか、それは彼なりの役作りか。
きっとこういう役じゃなかったら、真面目な人間なんだろうな。
真面目じゃなかったら年に何本も演劇なんかできないし、誘われもしないだろう。
普段の声も大きい大内はアドリブの声も大きい。
大抵の役者は芝居は声が大きく、アドリブは素になるので小さくなるもんだが、大内の場合、その逆だ。

大内、街田、私、長澤、古山(撮影:大内厚雄)。


最後は女性陣は全員いなくなり、30才以上のオヤジばかりの会になる。
そうなると、不健康自慢とか自転車自慢になる。
一番年上の中原はどこにいくのも自転車だ。
これがまたかっこいいマウンテンバイク。
主役の大内はママチャリで颯爽と帰っていった。

f0149081_1134630.jpg




明日は稽古が休みだ。













大内、朝倉、佐伯、迫田、沖田(撮影:大内厚雄)。
by straydog2007 | 2008-01-14 00:00
<< スタッフより 稽古7日目 >>



脚本家・監督 森岡利行のブログ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
映画「死にぞこないの青」情報
from 乙一FAN!
新着チラシ:トウキョウソ..
from 銀幕小匣
おっとビックリ!ダンスの..
from ダンスって気になりませんか?
武田真治ニュース
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治映画
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のホームページ
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のお宝画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のお宝画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧