森岡利行監督日誌

板尾さんの芝居観劇と阿南健治と再会

稽古が休み(ダンス稽古はしていたが)の為、
自宅の近くで風吹ジュンさんの撮影だったということもあり、
『ツレうつ』のロケ現場に顔を出す。監督が私をスタッフや俳優に紹介してくれたら、
風吹さんがビックリされていてこっちもビックリしてしまった。脚本が私だと知らなかったようだ。
「映画評判いいらしいねぇ~、初号試写行けなくてごめんね」といつも明るい風吹さんだった。
制作には森岡組だった菅沢くんやガッキーこと稲垣くんもいて驚いたが、
知ってる顔を見ると何故か安心した。
原作のマンガは深い話しにも関わらず、可愛く笑える絵だったが、
ドラマの方は、女性監督(合津直枝さん)の明るい声とは眞逆で、
手持ちカメラのドキュメントタッチで、自然光を用い、重厚な雰囲気が醸し出されていた。
ツレ役の原田泰造さんもうつ状態、藤原紀香さんは髪もぼさぼさで、
もうどうしていいかわからない主婦を演じ、風吹さんの医者は、
あの人にかかれば病気も治るだろうなと思わせるぐらいの名医ぶりだった。
期待大である。

その後、新国立劇場に向かい板尾創治さんの芝居を観劇。
今日は森岡組に出演してくれた俳優デーだ。
数日前にたまたま初台を歩いていたら、板尾さんが私を見かけ、
知人を通して声を掛けられたのだ。
板尾さんの公演の後、『路地猫』なのでちょうどよかった。
共演者の阿南は一緒にバイトや芝居をしたことがあり、旧知だった。
アフタートークの途中で『ごくせん』の撮影があるからと途中退席、
楽屋口ですれ違うと、「監督やってるンだったら、使ってくださいね」と言い残し、
素早く去っていった。売れて良かったなぁ……阿南。

f0149081_22444786.jpg作:オーウェン・マカファーティー 
翻訳:浦辺千鶴 小田島恒志
演出:田村孝裕
出演:板尾創路 柄本 佑  阿南健治 平田 満

【公演概要】現代海外戯曲を日本演劇界の若手が演出する企画、シリーズ・同時代【海外編】第2弾は、北アイルランドを代表する劇作家オーウェン・マカファーティーの『シュート・ザ・クロウ』が登場します。マカファーティーの作品が日本に紹介されるのは今回が初めてとなります。本作品は1997年にアイルランドで初演され、2003年にはマンチェスターにてイギリス初演、2005年にはロンドンのトラファルガー・スタジオで上演され絶賛されました。タイル貼り職人4人の人生が見える不思議なユーモア漂う会話劇の妙が味わえます。演出は劇団ONEOR8を主宰し、外部公演やテレビの脚本も手がける田村孝裕がつとめ、キャストは、舞台や映画など幅広く活躍中の、表現豊かな4人の演技派による組合せが実現しました。イギリスの演劇シーンで今最も注目される劇作家のひとり、マカファーティーの日本初演の舞台にどうぞご期待ください。

by straydog2007 | 2009-04-12 00:00
<< スタジオスワンにて 稽古場で >>



脚本家・監督 森岡利行のブログ
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
映画「死にぞこないの青」情報
from 乙一FAN!
新着チラシ:トウキョウソ..
from 銀幕小匣
おっとビックリ!ダンスの..
from ダンスって気になりませんか?
武田真治ニュース
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治映画
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のホームページ
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のお宝画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
武田真治のお宝画像
from 武田真治が騒がれる理由 | ..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧